病院選び7つのポイント
目的で探す
レーシックの種類
イントラレーシック
レーシック
ラセック
エピレーシック
フェイキックIOL
  眼の知識
  視力回復の方法
  レーシック手術の知識
  レーシックのメリットとデメリット
  人気のクリニック
  リンク集
  基本メニュー

遠視の対処法

遠視の症状を解消するためには凸レンズが用いられ、
メガネやコンタクトレンズを利用するのが一般的です。

正常にものを見ることができる正視の人の場合は、網膜上の正しい位置に焦点が結ばれます。
しかし、遠視になると焦は網膜より後方に合ってしまいます。
裸眼の状態では、網膜に焦点が合うように眼自体が常に調整を行いながらものを見ています。

そこで、眼に調節させるかわりに凸レンズを使って屈折力を調整し、焦点の位置を矯正します。

焦点の位置の調整を眼が行っていると眼の疲労が大きく、体調にも悪影響がでてきます。
眼の疲れがひどかったり、集中力がなくなっていると感じるようなら、遠視の可能性があります。
医療機関を受診して適切な対処法をとり、眼への負担を解消しましょう。


目的で探す
会社別ランキング

レーシック手術を申し込むのにあたり、
気になるポイントを確認していきましょう。

分かりやすく見やすく、各医院のポイントをまとめてみました。


無料資料請求 無料資料請求
無料資料請求 無料資料請求