病院選び7つのポイント
目的で探す
レーシックの種類
イントラレーシック
レーシック
ラセック
エピレーシック
フェイキックIOL
  眼の知識
  視力回復の方法
  レーシック手術の知識
  レーシックのメリットとデメリット
  人気のクリニック
  リンク集
  基本メニュー

近視の対処法

近視の対処法としてもっとも一般的に行われているのは、メガネやコンタクトレンズを使った矯正です。

近視には凹レンズを使用します。
凹レンズを通すことで裸眼の状態に比べて焦点が後方に移動し、
網膜の正しい位置で焦点が合うようになります。

コンタクトレンズは角膜の表面にレンズを接触させるものなので、
目立たない、メガネのようにレンズが曇らない、視野が広くなるといったメリットがあります。
左右の視力の差が大きくても矯正しやすいという面もあります。
しかし、レンズの取り扱いや衛生管理などの問題も考えて使用を検討する必要があります。

近視になりかけの状態を仮性近視と呼びます。
長時間にわたって至近距離を見続けたような場合、一時的に水晶体が厚いままになって焦点が正しく合わなくな

り近視の症状がでるのです。
この段階であれば点眼薬を使用した治療も可能です。


目的で探す
会社別ランキング

レーシック手術を申し込むのにあたり、
気になるポイントを確認していきましょう。

分かりやすく見やすく、各医院のポイントをまとめてみました。


無料資料請求 無料資料請求
無料資料請求 無料資料請求