病院選び7つのポイント
目的で探す
レーシックの種類
イントラレーシック
レーシック
ラセック
エピレーシック
フェイキックIOL
  眼の知識
  視力回復の方法
  レーシック手術の知識
  レーシックのメリットとデメリット
  人気のクリニック
  リンク集
  基本メニュー

乱視の対処法

乱視は角膜や水晶体の形状に異常があることから光の屈折が正常に行われず、
焦点が正しく網膜に結ばれないことから起こる症状です。

形状がどのように異常なのかによって正乱視と不正乱視に分類されます。
正乱視と不正乱視、乱視の程度によって対処法は多少異なります。

正乱視の場合、円柱レンズを使って矯正することができます。
対処法としては、メガネよりコンタクトレンズによる矯正のほうが有効だと考えられています。

不正乱視の場合、やはり一般的にはハードコンタクトレンズでの補正が行われます。

ふだんから疲れ目や原因のわからない頭痛に悩んでいる場合、
自分では気づいていない乱視によって引き起こされている可能性もあります。
眼科を受診し、適切に対処することをおすすめします。


目的で探す
会社別ランキング

レーシック手術を申し込むのにあたり、
気になるポイントを確認していきましょう。

分かりやすく見やすく、各医院のポイントをまとめてみました。


無料資料請求 無料資料請求
無料資料請求 無料資料請求