病院選び7つのポイント
目的で探す
レーシックの種類
イントラレーシック
レーシック
ラセック
エピレーシック
フェイキックIOL
  眼の知識
  視力回復の方法
  レーシック手術の知識
  レーシックのメリットとデメリット
  人気のクリニック
  リンク集
  基本メニュー

手術方法

レーシック手術は角膜に対して行われます。

まず、レーザー機器やマイクロケラトームという眼球用のカンナを使って、
角膜の表面をフラップ状に薄くスライスしてめくります。
「フラップ状」というのはふたのような形状を意味します。

角膜表面を薄くめくると角膜内部の実質層が表出しますので、
ここにレーザー光の一種であるエキシマレーザーを照射して
角膜の形状を必要に応じて削ります。

近視の場合なら、中央部の厚みが薄くなるよう角膜の一部を削って
人工的に凹レンズの状態に作り変えるのです。

そこへ最初に形成したフラップをかぶせて角膜表面を元の状態にもどします。
フラップは施術後の実質層に自然に吸着します。

視力は手術の直後から一日ほどで矯正され始めます。
その後1週間から1ヶ月程度かけて視力が安定していきます。


目的で探す
会社別ランキング

レーシック手術を申し込むのにあたり、
気になるポイントを確認していきましょう。

分かりやすく見やすく、各医院のポイントをまとめてみました。


無料資料請求 無料資料請求
無料資料請求 無料資料請求