病院選び7つのポイント
目的で探す
レーシックの種類
イントラレーシック
レーシック
ラセック
エピレーシック
フェイキックIOL
  眼の知識
  視力回復の方法
  レーシック手術の知識
  レーシックのメリットとデメリット
  人気のクリニック
  リンク集
  基本メニュー

手術の適性

レーシック手術では近視だけでなく遠視、乱視も改善することが可能です。
しかし、近視の度合いが進行することが考えられる10代ぐらいまでの若年層には手術がすすめられません。

レーシック手術が受けられない人としては、角膜が標準より薄いタイプの方があげられます。
これはレーシック手術が角膜を削って行う矯正手術であり、
角膜にある程度の厚みが必要とされるためです。
状態によっては手術可能と判断される場合もありますので、医師の判断に従ってください。

また、もともと眼科の疾患がある方なども症状によっては手術は受けられません。

顔面に衝撃を与えてしまう危険性があるスポーツなどをする方はそういった事情を医師に相談し、
アドバイスを受ける必要があります。手術の過程で角膜表面をいったんふたのように形成してしまった場合、
術後安全な強度で角膜に吸着しますが手術前とまったく同じにはならず、
強撃が加わるとこのフラップがずれる危険があるのです。


目的で探す
会社別ランキング

レーシック手術を申し込むのにあたり、
気になるポイントを確認していきましょう。

分かりやすく見やすく、各医院のポイントをまとめてみました。


無料資料請求 無料資料請求
無料資料請求 無料資料請求